顔の整形をしたことを結婚の約束をしている彼には隠しているのですが

私は二十二歳、写真のモデルをしています。郷里を離れて三年、一人つきりのアパート暮らしにもなれ、会った優しい恋人もできました。彼は二十七歳のカメラマンで、両親にも紹介してくれまして、ゆくゆくは結婚したいと言ってくれますが、ただ一つだけ気になっていることがあります。それは、彼は職業柄とても面食いなのです。美しいものには目がありません。私に「君のヒトミがすばらしと「横顔が気に入っている」などと言われるたびに、苦しく最近では重荷にさえ感じるようになりました。じつは、私はこの仕事を始めてすぐのころ整形手術を受け、目と鼻を直しているのです。彼が優しくしてくれればくれるほどつらく、いっそ事実を打ち明けようかと思い悩んでおります。

〈回答〉カメラマンなのに、あなたの整形美容が見抜けないとは、技量は確かなのでしょうか。普通の人にだって、親しくつきあえば、たいていわかるのに。将来、カメラマンとして大成するかどうか、ちょっと心配です。まあ、とつおいつ思い悩んでいないで、一大勇猛心(?)を奮って、正直に打ち明けてみることですね。ただし、この場合、深刻な口調でなく、といって、ふざけた調子でもなく、ごく淡点と、まじめに、しかし、さらりと告げることです。彼は、職業柄、整形美容のことをたいして気にしないかもしれません。まわりに、モデル
とか何人もの実例がいて、慣れっこになっていれば、「ああ、そうだったの」と、受け入れてくれる可能性があります。「前から、わかっていたよ」と言うかもしれません。もし、裏目に出て、「幻滅した」のなんのと言うなら、そのときはそのとき。

出典: